タティングレースアクセサリーがオシャレ!初心者にオススメなシャトルやキットは?

完成品を見るとちょっと作るのが難しそうなタティングレース。ビーズと組み合わせたタティングビーズのアクセサリーも素敵ですよね。今回は、初めてタティングに挑戦する方にもオススメのシャトルやキットをご紹介します。

スポンサーリンク

タティングレースについて

タティングとは?

タティングとは英語で「tatting」と書き、シャトルに巻いた糸を使って結び目を作っていくレースの技法です。

Nuperelle-skyttel med nupereller

credit : Chickxsy

タティングは昔からある装飾技法の1つで、中世ヨーロッパでは貴族の間でも流行したそうです。

このタティングレースにビーズを合わせて出来るのが、タティングビーズアクセサリーです。

慣れるまではちょっと大変かもしれませんが、繰り返し練習していると手が動きを覚えてくれます!

まずは、どんなシャトルがあるのかご紹介しますね。

シャトルの種類

タティングに使うシャトルは船のような形をしています。

海外から輸入した商品や日本のメーカーから出ているものなど、いくつか種類があります。

素材は金属、木製、プラスチックなどがあり、大きさも商品によって異なります。

編み糸を引き出してつなぐ時に使う、針のようなものが出ている商品や、本体と一体化してツノの様になっている商品もあります。

商品の色は自分の好きな色や、やる気になる色を選ぶのが良いと思いますが、初めてタティングをする時にオススメのシャトルはどれなのでしょうか?

スポンサーリンク

初心者にオススメのシャトル

初めてタティングシャトルを買う時に、オススメなのがクロバーのシャトルです。

色んな種類や大きさがありますね。

出典:amazon.co.jp

左の3種類が基本的なシャトルで、ツノもついています。

1番右のものはツノ無し、右から2番目は大きいサイズなので、ビーズを入れて使うときや太い糸を使う時、大きい作品を作る時に便利です。

5個セットのものは1,000円~で売られているので、まずは試しにシャトル1個買ってやってみたい方は、400円~売られています。

アマゾン楽天で購入可能です。ユザワヤなどの手芸店でも販売されていますよ。

初心者にオススメなタティングレースの始め方

タティングレースを始める時に、最初に覚えるのが、基本の結び目とピコット(ピコ)です。

ピコットとはこのループのことで、ピコットの大きさが均等になっていると綺麗な模様ができます。

キットを買う前に

アクセサリーを作るキットを買う前に、動画を見ながらタティングレースの基本を学べるウェブサイトがたくさんあります。

シャトルと糸があれば動画を見ながら練習できるので、キットを買う前でも買った後でも、基本の確認に利用してみてくださいね。

基本的なシャトルの糸の巻き方、編み方、ピコットの作り方がわかりやすく図と動画で説明されています。

基本の編み方やピコットゲージの使い方が動画で解説されています。

タティングレースの基本のリング、ピコット、ジョイントの作り方と、花モチーフの作り方が動画で確認できます。

初心者の方にオススメのキット

フェリシモの手芸ブランド、クチュリエは毎月1つずつ、タティングレースの基本を学べるキットを販売しています。

まずは基本的なタティングレースの作り方を覚えて、だんだんと難しい手法を学べるようになっています。

出典:フェリシモ

小さい簡単なモチーフから始められて、月1セットは1,143円です。毎月新しいキットが届くのが楽しみになりそうですね。

  • タティングレース スターターキット

こちらはクロバーが出している商品を初心者向けにキットにしたもので「タティングレースのミニ本・シャトル・糸」の3点セットが現在1,168円で売られています。

出典:手芸の山久

タティングレースのアイテムを作るために必要な基本の結び目とピコットの作り方、つなぎ方を学ぶことができて、糸の色は6種類から選べます。

  • クロバーのちいさな手仕事シリーズ

こちらもクロバーの商品で、ストラップやペンダントなど、初心者でも3時間程度で完成させられるキットが販売されています。

値段はタティングシャトル、糸、とじ針と作り方の説明書のセットで850円~で売られています。

credit : clover

編み物もそうですが、最初から1人で本や編み図を見ながら作るのはなかなか大変なので、途中で挫折しないためにもまずは動画などで基本を確認してから実際のアイテムを作り始める方法をオススメします。

初心者向けのキットを販売しているクロバーもクチュリエも、動画でタティングレースの基本の作り方を解説しているので、参考にしてみてくださいね!

クロバー公式YouTube

クチュリエ公式YouTube

まとめ

  • タティングレースは糸とシャトルがあれば出来る
  • 基本の結び目とピコット、つなぎ方を覚えれば応用ができる
  • ビーズを使ったタティングビーズのアクセサリーも人気

タティングレースやビーズのアクセサリーは季節を問わず身につけることが出来るのでオススメです。

スポンサーリンク